予言,プレゼント,沖縄,旅行,お得情報

あなたの未来に価値をプレゼントする妄想彼氏

未来の仕事はロボットが奪う?グーグルCEOの意見と考えるべき事

今回は、ロボット 未来 仕事 について書かせていただきます。

 

ロボット 未来 仕事

出典:http://science.dodlive.mil/

 

 

 

ロボット技術や人工知能(AI)の進化によって
人間の働き方に対する大きな革新が予測されている。

 

それは何か?というと、
『人間の仕事がロボットやAIによって奪われる』 ということ。

 

未来はどうなって行くのか?
GoogleなどIT企業のCEOは未来の働き方についてどう考えているのか?

 

僕たちだけでなく
僕たちの子供や孫世代に大きく影響する未来の仕事について
シェアしていこう。

 

 

Sponsored Links

 

 

 

ということで、
今回は、この3本立てで行くぜ!

 

    • ロボット技術の進歩と未来
    • 人間の仕事/雇用は奪われるのか?
    • 僕が想像する未来の働き方

 

 

 

ロボット技術の進歩と未来

 

IT技術の進歩は目覚ましく
ロボットの開発や人工知能の進化は止めることが出来ない。

 

確かにある側面を見ると
技術の進歩は僕たち人類の生活により多くの利便性をもたらしてくれている。

 

一方で
このままロボットなどが進化を続けると
やがて単純労働を皮切りに多くの職業がロボットに取って代わられると言われている。

 

オックスフォード大学教授の予測するロボットに奪われる仕事リスト

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

人間の仕事/雇用は奪われるのか?

 

では、
我々人間は将来本当に仕事をロボットに奪われるのだろうか?

 

GoogleのCEOラリーペイジ氏をはじめとした
IT企業社長たちの考えを見て行こう。

 

 

Google CEOラリーペイジ

 

人工知能の急激な発達によって
現在日常で行われている仕事がロボットに代行されることになり、
近い将来には10人中9人は今とは違う仕事をしているだろう

 

 

マイクロソフト元CEO ビルゲイツ

 

創造性を必要としない仕事はすべてテクノロジーに代行される。

 

 

Microsoft マイケル・ケンデ

 

確かに仕事が奪われることもあるでしょうが、
失われる雇用以上の雇用が新たに生まれるでしょう

 

 

 

 

IT企業の有名人達は、
上記のように分析しているわけです。

 

つまり、
2020年なのか2030年なのかは正確ではありませんが、
現在存在する仕事を100とすると50以上がロボットなどに取って代わられるという内容は
大きな方向性で見ると間違いないと考えられます。
ロボットや人工知能つまり人間以外によって現在の仕事が運営されていくと
職を失う人が出てくることは確実です。

 

そういう意味では
職が奪われるという表現は間違ってはいないと思われます。

 

 

一方で、
Microsoftマイケルの言葉にあるように、
一部の仕事がロボットなどに取って代わられるかもしれませんが、
それによって新たなる雇用が生み出されると考えられているようです。

 

 

 

僕が想像する未来の働き方

 

では
このような10年先の技術革新も想像できないような現代において
どのように生きて行けばよいのでしょうか?

 

上記のような意見を参考に一般論を考えると
【二極化がより一層激しくなる】と考えられます。

 

つまり、
単純労働者たちの多くは
ロボットにより仕事を奪われる可能性があります。

 

そうした時に、
新たなるロボット未開拓領域に挑戦するか
現実に打ちのめされて立ち止まるか?

 

立ち止まってしまえば
世の中的に存在価値が薄れ
ロボット以下の価値と判断されてしまうわけです。

 

 

ということで、
上記のような世の中の行く末は
殺伐とした地球になるのではないか?と思います。

 

だって、
自分の脳みそで価値を考えられずに二極化の負の極致にいる人たちは
新たなる価値を提供できないわけですから、自動的に人から価値を奪うことを考えるでしょ?

 

 

そうなると、
日本でさえも犯罪大国になり得ると思います。

 

 

 

 

というのが一般論の行く末では?と思っちゃいますが、
僕的な未来を描きたいと思います。

 

 

 

話は遡り100年前を想像してみましょう。
Googleなんていう企業を誰が想像したでしょうか?

iPhoneの存在を誰が想像したでしょうか?

 

 

そう、
現代の当たり前というのは
100年前からは想像も出来ないような世の中だったわけです。

 

 

つまり、
このスピードがドンドン早くなる現代において
20年30年後というのは全く想像していなかった世の中が広がっている可能性がある。ということです。

 

 

まぁ、
そういう前提を考えつつ
ここからは2つの考え方があると思います。

 

 

1つ目は資本主義社会において
常に競争/利益の拡大を求め戦いを続ける

 

 

2つ目は原点回帰

 

 

 

 

1つ目というのは分かりやすいと思いますが、
多くの人が想像しているようなロボットやAIの発達により
より便利な世の中になりつつも、ロボットが人間を凌駕する世界。

 

 

 

そして、
僕なりに感がているのが、
2つ目の原点回帰という生き方。

 

 

そもそも
なんでロボットとか出来たの?考えたの?とイメージしてみると
知的生物である人間の生活を豊かにしていくためですよね?

 

その人間を豊かにするはずだったロボットが
人間から奪う存在に変わっている。というのが現状だと思います。

 

 

確かに、
人間がロボットを上回る価値アウトプットを続ければよい!という考えや
それこそが人間の成長であり進化だ!という意見もあるかと思いますが
100人中100人がそのように生きていけるわけではありません。

 

 

 

ちょっと話が長くなってしまったので
細かい話は今後に取っておくとして

 

技術革新というのはもの凄いことで確かにワクワクしますが
人間にとっての本当のというものが存在していません。

 

 

洗濯ものを代わりに洗ってくれるロボットは嬉しいです。
食事を代わりに作ってくれるロボットも嬉しいです。

 

 

でも、
母親が忙しい中一生懸命作ってくれる食事だからこそ、
調味料による味以上の味を感じるのでは?

 

将来のわが子にも美味しいご飯を作ってあげたい。と
子供たちが未来に希望を持つのでは?

 

 

 

僕自身は、
競争社会には限界がくると思っています。

競争に辟易した人たちが
新たなるコミュニティーを作りだすと思います。

 

利益の追求ではなく、
より心に近い部分に素直な存在、、、

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ということで、
ロボット 未来 仕事
について書かせていただきました!

 

 

 

未来予測   コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1.   より:

    「あらゆる産業の資本主義による収益最大化で生産の無人化が出来るとこまで行っても 人間は労働しなくても物を手に入れられる社会ができるだけだから問題はない」などと過去に楽観的に言われていたが、実際には無人化に対応できる社会運営のやり方の本質的な改革の無いまま加速度的に機械化は進行するのみであり、就職しやすい仕事は確実に減り、仕事を得る難易度と子供の将来の職獲得のためにかけなければならない費用は上がった。「問題がない」このためには、人間の生活を会社に丸投げしたやり方ではなく、(産業の分化高度化の発展で、各自の関わる仕事の需用の衰退後、転職が困難になった事は資本主義の社会運営の前提に無いため) 、(本当のどんなにステータスの無い者でも対応できる位の)無条件&本当の0から、 社会の需要の有る仕事の必要な能力を習得しながら」なんらかの仕事が自動的に得られるまで待機できるシステムが必要(」&待機が無いと、仕事をかなり無理して作らなければならずソ連のように産業代謝が止まり破綻し、また、自動的が無いと仕事に繋がらない)会社にとって人はコストが掛かるとして、会社が雇用する人間に厳しくなり、仕事量に比べ人を必要多数使わず、お金を普通に使える消費者が少なくなり、経済にお金が回らず、市場環境も悪くなり、多売で収支を賄うため市場は過激供給になりやすく、会社は赤字にならないよう人件費を下げると組み合うデフレ経済体質で、国は会社や個人から税収は得られず、銀行も利子が稼げないため資金の信用(法人(会社)や個人(消費者)が銀行に預けてるお金の信用) を国債(国の税収)を買って保証する形になるため、構造状に対応ができず「国民の借金」が言われる。今のこの世界の運営方が今のまま変わらないなら本質的に問題は解決できない。デフレでリストラされて後に仕事を得られたなんてのは全体として個人的な状況でしかない、…

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

スポンサードリンク

TOPへ戻る