予言,プレゼント,沖縄,旅行,お得情報

あなたの未来に価値をプレゼントする妄想彼氏

未来に必ず無くなる!?37の仕事【アナタの会社は生き残れるか?】

今回は、『未来に必ず無くなる!?37の仕事【アナタの会社は生き残れるか?】』 について書かせていただきます。

 

未来 仕事 無くなる 職業

Photo by http://thecoolgadgets.com/

 

 

 

近い将来、
今あなたが頑張っている仕事はロボットに取って代わられる。

 

「えっ?私の仕事が無くなるわけないでしょ!」そう思う人も少なくないかもしれませんが、
イギリスの名門大学オックスフォード大学が認定したというから信憑性も高くなる。

にわかに信じがたい話。というより信じたくない話。
未来は誰にもわからないけど、自分の職業に限ってそんなことは、、、

 

でも、
どんな職業が近い将来なくなると言われているのか、、、気になる!という方のために
37個の該当職業と生き残るために必要なスキルについてシェアします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ということで、
今回は、この3本立てで行くぜ!

 

    • なぜ将来的に仕事が無くなると言われているのか?
    • 消えてしまうという37の職業
    • 僕たちは将来を見据えてどのような武器を身につけるべきか?

 

 

 

なぜ将来的に仕事が無くなると言われているのか?

 

将来的に仕事が無くなる!と言われ、
多くの日本人が想像することは、何に仕事を奪われるのか?ということ。

 

基本的には、、、

 

  1. 労働賃金の安い外国人
  2. ロボットなどの機械
  3. そもそもその仕事自体が不要な世の中になる

 

 

今回、
オックスフォード大学の検証による無くなる仕事というのは、
上記で言う2番目の『ロボットなどの技術革新』に奪われる。ということを指している。

 

一方で、
僕たち日本人は1番目と3番目についても考えておく必要があるでしょう。

 

1番の『労働賃金の安い外国人』 というのは、
日本国内における単純労働作業などへの進出が考えられる。

これについては
是非が問われているがここでは省略します。

 

 

3番の『そもそもその仕事自体が不要な世の中になる』
これについては分かりやすい例題が思いつかないのですが
ボットン便所(汲み取り式便所)のバキュームカーなどが思いつきます。

 

今でも地方の一部では存在していると思いますが、
過去には立派な職業であった清掃員もトイレ周り(水周り)の技術革新で
労働を必要としなくなったわけです。

 

 

 

ということで
ここではロボットなどに代表される
テクノロジーの進化による将来の仕事像についてシェアしていきましょう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

消えてしまうという37の職業

 

では
イングランドの名門大学オックスフォード大学のオズボーン准教授が示した
衝撃的な一覧表をご覧にいれましょう。

 

僕自身の見解としては
必ずしもすべてが分析通りに進むとは思っていませんが
この機械化の流れは避けられないと考えています。

 

つまり
時間軸の誤差はあるにしろ
いつの時代かこの予測が的中する確率が高いと考えています。

 

 

将来無くなると予想される37の職業

未来 仕事 無くなる 職業 (2)

Photo by http://gendai.ismedia.jp/

 

ご覧になられた方、
この職業一覧をみてどう思われたでしょうか?

 

 

スポーツの審判がロボットに変わって
より正確なデータ取りは出来るかもしれないけど
スムーズな進行が出来るのだろうか?

 

 

銀行の融資担当が人工知能に変わったとした場合
表面情報からは読み取れない人間性や自信などから読みとる信用は不要になるのだろうか?

 

 

苦情処理を機械/ロボットに任せれば
本当に苦情は無くなるのだろうか?

そもそも苦言を呈している人たちは
問題の本質的解決を望んでいるのではなく
コミュニケーションの場を持ちたいだけなのでは?

 

 

 

などなど
この37の職業リストってどうなの?
と思われた方もいると思います。

 

僕自身も思いました。

 

 

 

ただ1つ、
ここで間違いのない事実であり考えておくべきことは、

『時代の向かう方向は機械化』

ということ。

 

 

 

これは常に認識しておくべきでしょう。

 

 ↓ ↓ ↓ クリック ↓ ↓ ↓

リクルートエージェント
 

 

僕たちは将来を見据えてどのような武器を身につけるべきか?

 

この機械化(ロボット化、人工知能)の流れは
従来ホワイトカラーではない単純労働者に対しての警告と考えられてきました。

 

 

しかし、
現代においては知的労働者でさえ
この人工知能などに代表される機械化の波に職業を奪われると言われています。

 

 

では
今現在考えられている機械化の波が訪れても奪われないものとは何なのでしょうか?

 

このアメリカの研究によれば、
芸術分野などに代表される『クリエイティブな作業』 と言われています。

 

 

本来
技術革新というのは
人間がより良い社会を作るために積み上げてきたものであり
本質的には喜ばしいことなのでしょう。

 

一方で、
自分の脳みそをフル回転させて
時代に求められるスキルを身につけておかないと
アッという間に機械化の波に仕事を奪われることになるかもしれません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ということで、
未来 仕事 無くなる 職業
について書かせていただきました!

 

 

【日本に関係する予言】でリアルに起こりそうなもの5選

東日本大震災のような大災害が発生しても、収入源を失わない為にやっておくべき事

想像を超える未来の医療技術3つ!

 

 

 

 

未来予測   コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1.   より:

    「あらゆる産業の資本主義による収益最大化で生産の無人化が出来るとこまで行っても
    人間は労働しなくても物を手に入れられる社会ができるだけだから問題はない」などと過去に楽観的に言われていたが、実際には無人化に対応できる社会運営のやり方の本質的な改革の無いまま加速度的に機械化は進行するのみであり、就職しやすい仕事は確実に減り、仕事を得る難易度と子供の将来の職獲得のためにかけなければならない費用は上がった。「問題がない」このためには、人間の生活を会社に丸投げしたやり方ではなく、(産業の分化高度化の発展で、各自の関わる仕事の需用の衰退後、転職が困難になった事は資本主義の社会運営の前提に無いため)
    、(本当のどんなにステータスの無い者でも対応できる位の)無条件&本当の0から、
    社会の需要の有る仕事の必要な能力を習得しながら」なんらかの仕事が自動的に得られるまで待機できるシステムが必要(」&待機が無いと、仕事をかなり無理して作らなければならずソ連のように産業代謝が止まり破綻し、また、自動的が無いと仕事に繋がらない)会社にとって人はコストが掛かるとして、会社が雇用する人間に厳しくなり、仕事量に比べ人を必要多数使わず、お金を普通に使える消費者が少なくなり、経済にお金が回らず、市場環境も悪くなり、多売で収支を賄うため市場は過激供給になりやすく、会社は赤字にならないよう人件費を下げると組み合うデフレ経済体質で、国は会社や個人から税収は得られず、銀行も利子が稼げないため資金の信用(法人(会社)や個人(消費者)が銀行に預けてるお金の信用)
    を国債(国の税収)を買って保証する形になるため、構造状に対応ができず「国民の借金」が言われる。今のこの世界の運営方が今のまま変わらないなら本質的に問題は解決できない。デフレでリストラされて後に仕事を得られたなんてのは全体として個人的な状況でしかない、…

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

スポンサードリンク

TOPへ戻る