予言,プレゼント,沖縄,旅行,お得情報

あなたの未来に価値をプレゼントする妄想彼氏

デルタの【テイクオフカード】はマイルを最もお得に国内線利用出来る

今回は、デルタ カード テイクオフ について書かせていただきます。

 

デルタ カード テイクオフ

出典:http://piggybankbuilder.com/

 

 

 

デルタ航空のスカイマイルプログラムを利用し
日本国内の特典旅行を申し込もうとする場合、
スカイマイル提携のクレジットカードを所持しておく必要があります。※

 

デルタのスカイマイル提携クレジットカードの中でも
用途によっては特におすすめの【テイクオフカード】について紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

※正確には、
スカイマイル提携のクレジットカードを所持するか
メダリオン会員である必要があります。

 

 

ということで、
今回は、この3本立てで行くぜ!

 

    • デルタスカイマイルを国内線で利用するためには?
    • 年会費が高いデルタのクレカで一番安いテイクオフカード
    • 無料のJCBEITは注意が必要!

 

 

 

デルタスカイマイルを国内線で利用するためには?

 

デルタ航空のスカイマイルプログラムが提供する特典航空券。
2011年からはスカイマークを利用した日本国内旅行券にも対応しているわけです。

 

日本国内在住者には非常にありがたいのですが、
注意しておかないと、『いざ!』という時に特典を利用できない!という事態になりかねないので注意してください。

 

 

この注意ポイントとは以下になります。

『国内線(スカイマーク)の特典旅行を利用するためには
スカイマイル提携クレジットカードを所持しているかメダリオン会員であること』

 

このスカイマークを利用する時の注意点についてはコチラも参考にしてください

デルタマイルを国内線【スカイマーク】航空券に交換時の注意点

 

 

デルタマイルを
主に日本国内の特典航空券に利用しようと考えていた人は
要チェックです!

 

僕はそれを知らずに、
デルタマイルが貯まっているにも関わらず
提携クレジットカードを解約してしまいました(⇒年会費が高すぎたのでw)

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

年会費が高いデルタのクレカで一番安いテイクオフカード

 

スカイマイルを国内航空券(スカイマーク)に交換するためには
基本的に提携クレジットカードを所持していなければならないのですが、
一度解約してしまったとしても、別途新たにクレジットカードを申し込めば
スカイマイルとの再提携は可能です。

 

 

ここで問題なのが、
デルタのスカイマイル提携クレジットカードは
総じて【年会費が高い!】

 

 

年間10,000円の年会費は安いほうで、
40,000円というクレジットカードもあります。

 

僕の場合は、
年間40,000円も払ってしまっては、
クレジットカードを所持するメリットが全く無くなってしまいます。

 

 

 

ということで、
スカイマイルに提携しているクレジットカードで
最安値のクレジットカード【JCBテイクオフカード】を紹介します。

 

 

このJCBテイクオフカードは、
通常の年会費が1,500円とデルタでは破格の安さに抑えられています。

 

また、
初年度はキャンペーンにより無料になることが多いです。

 

 

 

このJCBテイクオフカードを利用すれば、
年会費は安いもののショッピング100円利用で1マイルが貯まります。

 

また、
デルタ航空の航空券を購入した場合、
100円で2マイルが貯まるクレジットカードになっています。

 

 

入会によるボーナスマイルは500マイルと少なめなので
デルタクレジットを年間支出のメインクレジットカードに設定するのであれば
JCBテイクオフカードはおすすめ出来ません。

 

しかしながら、
『スカイマイルを国内線で利用するためにとりあえず最低限の資格である
スカイマイル提携クレジットカードを所持しておきたい。』

ということであれば、
このJCBテイクオフカードがおすすめです。

 

 

 

 

無料のEITは注意が必要!

 

スカイマイルが貯まるクレジットカードを調べていると、
【JCBEITカード】というものを目にするかもしれません。

 

このJCBEITカードは、
リボ払い専用のクレジットカードで
なんと年会費が永年無料というのが特徴です。

 

年会費が永年無料という文字を見ると、
思わず飛び込みたくなりますが何点か注意が必要です!

 

 

1.スカイマイル提携クレジットカードではない!?

デルタ航空のWebサイトで表示されている
スカイマイル提携クレジットカードは8種類です。

 

このJCBEITカードは、
この8種類に入っていません。

 

つまり、
このJCBEITカードを利用すると、
ショッピングなどでスカイマイルを貯めることはできるが
スカイマイル提携クレジットカードとしてみなされない。ということです。


デルタに確認したわけではないので誤報かもしれません、
どなたかご存知の方がいらっしゃれば一方頂けますと幸いです。

 

 

スカイマイル提携クレジットカードでないのであれば
魅力は半減だと思いますが、他にも注意ポイントがあります。

 

 

 

2.リボ払い専用のクレジットカードなので初期設定が重要

リボ払い専用ということは、
JCBEITカードの利用額によって分割払いされる。ということです。

 

で、
『分割払いをする。』ということは、
必然的に不要なコストである手数料が発生してしまいます。

 

例)
10万円のモノを買ったにも関わらず、
支出のトータルが12万円になっていたり、、、

 

 

クレジットカードが届いた段階で、
問い合わせを行い利用額の変更をしておけば
ある程度リスク回避はできますが

積極的に所持したいカードではありませんね。。。

 

 

スカイマイルをどうしても無料で貯めたい!という人は、
この【JCBEITカード】を検討してみてください。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ということで、
デルタ カード テイクオフ
について書かせていただきました!

 

 

 

旅(トリップ)情報   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る