マイナンバー 対策 個人

あなたの未来に価値をプレゼントする妄想彼氏

【個人の対策必須!】マイナンバーは流出する!と注意しておこう

今回は、マイナンバー 対策 個人 について書かせていただきます。

 

マイナンバー 対策 個人

 

 

2016年1月からのマイナンバー利用開始に向け、
いよいよ2015年10月~マイナンバーの通知が行われます。

 

年金問題などを見ると、
日本国を信用しているだけだとマイナンバーの漏えいがそのうち発生すると思いますが、
個人で出来る対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

この記事では、
マイナンバー制度の分かりにくい点を分かりやすく解説するとともに、
マイナンバーの流出を防ぐために個人で出来る対策についてお伝えしていきます。

 

 

スポンサーリンク

 

郵便局の簡易書留で来るけど確実に情報流出する

 

2015年10月より郵便局の簡易書留にて順次配送される
マイナンバーの通知。

 

そもそも『簡易書留』とは何でしょうか?

 

簡単に言うと、、、

 

  • 郵便局の配達員が手渡しで渡してくれる
  • 配達状況をインターネットで確認出来る
  • 配達時間を記録してくれる
  • 上限5万円までの補償が付いている

 

ということで、

マイナンバーの通知がポストに勝手に投函されることは無いのですが、

情報流出が確実にするな!と思うポイントがあります。

 

それが、、、

一人暮らししている大学生!!!などです。

 

というのも、
ひとりぐらしをしている学生さんというのは、
ほとんどの場合住民票を実家から変更していません。

 

そうなるとどうなるでしょうか?

このマイナンバーの通知は2015年10月5日時点で
住所を有する場所に対し発送されていくので、
実家にマイナンバーの通知が行くわけです。

 

何が問題か?と言いますと、
ココからが重要です!!!

 

あまりマイナンバーについて分かっていない両親が、
一人暮らししている息子や娘にこのマイナンバーの通知を
転送したらどうなるでしょうか?

 

ここもキチンと簡易書留などで発送していれば別ですが、
すべての家庭がそうやって対応出来るとは思いません。

 

中には、
普通郵便で送ってしまうお父さんやお母さんもいますよね?

 

コレは、
ポストに『ポンッ』と投函されるだけなので、
簡単に盗まれてしまうんですよ!

 

他人のマイナンバーを盗もうと考えている人というのは、
ずる賢いですから、大学周辺の賃貸マンション・アパートを見張っていると思われます。

 

本当に要注意!

お父さんやお母さんとキチンと話をしておきましょう!

 

注意すべき点はこれだけではありませんが、

マイナンバーが漏れるリスクはそこら中にあって

一生涯マイナンバーが漏れないようにすることは本当に難しいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

マイナンバーの基本事項と落とし穴

 

話は戻りますが、

マイナンバーの基本的な項目について確認しておきましょう。

 

マイナンバーと一言で言っても2パターンありまして、

 

  • マイナンバーの通知カード
  • マイナンバーカード

 

この2種類があるんです!

 

で、
2015年10月から郵便局の簡易書留で発送されるのは、
マイナンバーの通知カード。

 

要は紙切れのようなものです。

 

一方で、

マイナンバーカードは、

別名個人番号カードともよばれ、

個人の顔写真が入り、ICチップも埋め込まれるのです。

 

他にも、

表面には名前はもちろん

住所・生年月日・性別が

12桁のマイナンバー番号とともに記載されるのです。

 

2015年10月に発送されるマイナンバー通知には、

マイナンバーカードを発行するかどうかの交付申請書が同封されています。

 

 

 

このマイナンバーカードですが、

落とし穴があると思うんですよねー!

 

というのも、

マイナンバーカードは身分証明証の替わりにもなるのです。

 

要は、

今までレンタルビデオ店のTSUTAYAなどで

個人の自己証明をする時に運転免許証などを提示していたと思いますが、

今後は換わりにマイナンバーカードを利用することが出来るんです。

 

これって非常に危険!

安易にマイナンバーカードを差し出してしまったら、

『私のマイナンバー盗んでください!』って言っているようなものですからね!

 

だって、

マイナンバーカードには、

アナタが一生涯変わらずに持ち続ける12桁のマイナンバーが表示されているんですよ?

 

悪意のある店員さんや店舗に対応された場合、

住所や氏名などの個人情報だけでなくマイナンバーまでコピーされてしまいます!

 

ということで、

マイナンバーカードは多くのメリットがあると言われていますが、

初期でのマイナンバーカード申請は慎重になるべきだと思います。

(※ マイナンバーカードの発行を促す政府は初期の発行は無料!と謳っています)

 

 

 

 

マイナンバー制度で個人が出来る対策はコレ!

 

では、

マイナンバーが漏れる可能性はどこにあるのでしょうか?

 

大きく分けると、、、

 

  1. マイナンバーの受取前
  2. 受取後の保管中
  3. 第三者へのマイナンバー提示中
  4. マイナンバーは記された書類の破棄時

 

この4点が挙げられるかと思います。

 

マイナンバーの受取前に関しては、

郵便局の簡易書留よりも転送などの個人発送に注意しましょう。

 

また、

3番の第三者へのマイナンバー提示は、

企業に勤める限り年末調整などで必要になる為

提示が必須になります。

 

ですが、

ココに関しては必須であるがため

会社を信じるしかないというのが現状です。

 

大企業であればそれなりに対策を練ってくるでしょうが、

それだけ狙う人も増えると思います。

 

一方、

中小企業は企業の対策がしっかりなされていない可能性もあります。

 

 

マイナンバーの漏えい防止において、

個人で重要なポイントは『保管』と『破棄』です。

 

基本的には、

自宅から頻繁に自宅外に持ち出すことはないので

自宅で厳重に保管しておく必要があります。

 

ありきたりですが、

サイズ・重量ともにそれなりにある金庫が有効かと思います。

 

次に破棄に関してですが、

マイナンバーが明記された源泉徴収票や公的書類が問題です。

 

これらを破棄する場合は、

読みとり出来ないレベルまでシュレッダーすることが有効でしょう。

 

10月2日付けで国税庁より、「所得税法施行規則等の改正が行われたため、平成28年1月以降も、給与などの支払を受ける方に交付する源泉徴収票などへの個人番号の記載は行わないこととされました」

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ということで、
マイナンバー 対策 個人
について書かせていただきました!

 

NEXT>>> 2016年の地震予言がヤバい!?

 

 

 

マイナンバー対策   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る