予言,プレゼント,沖縄,旅行,お得情報

あなたの未来に価値をプレゼントする妄想彼氏

修学旅行の飛行機が怖いアナタにアドバイス【安全な座席はココ!】

今回は、修学旅行 飛行機 怖い 携帯 バレない について書かせていただきます。

 

修学旅行 飛行機 怖い 携帯 バレない

出典:http://latino.foxnews.com/

 

 

修学旅行や卒業旅行で近所の公園に歩いていく。なんて人はオレと彼女くらいだ。
大抵は飛行機に乗って沖縄や北海道、アメリカとかオーストラリアなどの海外に行くらしい。

俺も妄想では飛行機に乗った事あるぜ!

 

しかーーし!世の中には飛行機が怖い人もたくさんいるんだ。
そんな人が楽しく修学旅行を過ごせるように、
妄想で飛行機にたくさん乗った事のある俺が安全な座席をアドバイスするぜ!

 

 

スポンサーリンク

 

 

修学旅行や卒業旅行で座席を指定することができるなら
是非とも参考にしてもらいたい。

 

 

ということで、
今回は、この3本立てで行くぜ!

 

    • 飛行機の安全性に関するデータを見てみよう
    • アナタが予約すべき安全な座席はココ!
    • 修学旅行を100%安全にする方法

 

 

 

飛行機の安全性に関するデータを見てみよう

 

まず重要なのは過去のデータだ。

飛行機という乗り物は、【安全】なのか?【危険】なのか?
勝手なイメージだけで考えては危ない。

地面から離れる乗り物だから
その時点で「安全性を疑う乗り物だ!」と決めつけるのももったいない。

 

何にしろ日本は島国だ。
日本から飛び出ようと思えば飛行機に乗らざるを得ない。
沖縄に行くにも飛行機に乗るのが現実的だ。

 

ということで話は逸れたがデータを見ていこう。

 

 

人が飛行機事故に遭遇する確率は?

アメリカの研究結果によるものなので、
日本の航空会社では微妙に数値は変わってくるだろうが、
飛行機において事故に遭遇する確率は、、、

 

『0.00003~0.0009%』と言われている。

 

もの凄く小さな数字なのでイメージがわかないかもしれないが、
もう少し簡単に言うと、100万回飛行機に乗ったら1回あるかないか?
という確率だというデータがあるのだ。

 

100万回飛行機に乗るチャンスが1度の人生で在り得るだろうか?

 

仮に1日1回飛行機に乗ったとしても
飛行機による事故に遭遇するためには、

 

『約2,700年』かかる計算になる。

 

つまり、
何が言いたいか?というと、
限りなく低い事故確率だということだ。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

アナタが予約すべき安全な座席はココ!

 

飛行機事故が起こる可能性は限りなく低いことは分かった。

しかし、
だからと言って全然怖くなくなったか?と言われると、
それはあり得ない。

だって、
事故に遭遇する可能性はゼロではないのだから。

 

では、
縁起でもないが仮に事故に遭遇してしまった場合、
どこの座席に座っている人が生き残る可能性が高いのだろうか?

 

逆に危険性が高い座席はどこなのだろうか?

 

まず、
事故と一言で言っても様々なものが形がある。

その一例を見ていこう。

 

  • 墜落
  • 空中分解
  • 不時着
  • 胴体着陸
  • オーバーラン
  • 火災
  • 衝突
  • テロ

 

 

ここから重要な考え方は、
自分自身で危険性をコントロール出来るものだけにフォーカスすることだ。

 

例えば、
『テロ』についてであるが
こればっかりは運命と言っても過言ではない。

テロを避けることが出来る座席は存在しないと言ってもよい。
つまり、テロは自分自身でコントロール出来る範囲が狭すぎるので考えるだけムダである。

 

逆に言うと、
それ以外の飛行機事故に関しては、
すべてをコントロールすることは出来ないが
多少なりとも自分自身の選択によって生存確率を上げる事が可能だ。

 

 

飛行機で生存確率を高める座席はココ!

飛行機の座席を大きく分けると、、、

 

  • 前方/後方
  • 窓側/通路側

 

このチョイスである。

 

結論から言うと、、、

『機体の真ん中より少し前方で非常口近く』

 

これが一番安全性が高いポジションなのだ。
しかし、これも絶対ではない。

シチュエーションによっては、
後方の方が安全な可能性もあるので足からず。

 

 

なぜ、
機体の真ん中より少し前方の非常口付近が一番安全と言えるのであろうか?

まず、
飛行機の後方には
基本的に非常口が設計されていない。

 

つまり、
何か事故が発生し
非常口から逃げる場合、
非常口から座席が遠い後部座席の人であればあるほど
機体からの脱出が遅くなる。

 

また、
機体の重心は
飛行機の翼と胴体の接合部分にあるため、
真ん中が一番安定しているのである。

 

一方、
飛行機の燃料タンクは大概
翼に設計されているためど真ん中というのは危険なのである。

 

よって、
非常口 +機体の安定性 +燃料タンクから離れる

というポイントから 『機体の中間より少し前方の非常口近く』

これが鉄則と言える。

 

 

 

 

修学旅行を100%安全にする方法

 

では、
修学旅行や卒業旅行を100%安全にするためには
どうすればよいのであろうか?

 

簡単である。
飛行機に乗らなければよいのだ。

いや、
飛行機のみならず
車/バス/タクシー/新幹線など
コントロール出来ない乗り物に乗らない事だ。

 

いやいや、
そんな事を言っていたら何も出来ない。
どこも海外には行けなくなる。という方。

 

全くもってその通りだ。

 

危険だ!危険だ!と言っていては、
何も行動できなくなる。

旅は人生の楽しみの一つでもある。
修学旅行や卒業旅行はその後10年も20年も
人生の語り草だ。

 

2700年に1回あるかないか?のリスクなんて怖くない。
若者よ旅に出よう。

 

 

そんな僕は、
今から彼女と公園でサンドイッチピクニックだ。

もちろん移動手段は徒歩だw

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ということで、
修学旅行 飛行機 怖い
について書かせていただきました!

 

 

 

旅(トリップ)情報   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る