予言,プレゼント,沖縄,旅行,お得情報

あなたの未来に価値をプレゼントする妄想彼氏

未来の医療技術がハンパない!人間の想像を超える3つの技術

今回は、医療 未来 技術 について書かせていただきます。

 

医療 未来 技術

出典:http://www.ecofriend.com/

 

 

 

Googleが寿命500年に延ばす技術に対し、
巨額な投資をしていることが情報として流れていた。
人類の限界は120歳程度とされてきた常識をはるかに超える数字ではあるが、
昨今の医療技術革新や未来の伸びを考えると100%あり得ない話とも言えない。

 

ということで、
今回は未来の医療技術として注目を集めている3つの技術を紹介しよう。
医療の分野はITの発展もあり今後も急速に大きく変わっていくだろう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ということで、
今回は、この3本立てで行くぜ!

 

    • Web診察など遠隔治療
    • 手術ロボットの導入
    • 体内を駆け巡る病院ナノマシン

 

 

 

Web診察など遠隔治療

 

ウェブ診察と聞くと何となくイメージするのは
テレビ電話などを利用して映像の世界で診察を繰り広げる姿だろうか?

 

現代は、
SkypeやLINEなどのビデオ電話やスマートフォーンの普及によって
遠く離れた人とスマホ1つで顔を見ながら話をすることが容易になった。

 

 

このことを考えると
Skypeなどを利用したWeb診察の実現確度は極めて高い。

 

そして、
一般化されているわけではないが
アメリカのニューヨークでは既にこのようなサービスが始まっている。

 

 

それは、
なんと待合室も診察室も持たない病院。

 

もはや病院ではないが、
限られた客層に対し年会費を払う事によってネット上での診察を可能にしている。

 

ということで
ネット上でのオンライン診察に関しては間もなく!というところだろうか。

 

日本の場合どのようにして、
年配層にリーチするかがカギになるだろう。

 

このIT進化によるネット上の診察は、
患者の目の前に架空の等身大のドクターが現れ
自宅で診察が行えるレベルまで行くという。

 

 

さて、
これが実現する。

そして一般化するのは20××年になろうのだろうか?

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

手術ロボットの導入

 

これは多くの人が想像できるでしょう。

病院での手術を人間ではなく
ロボットが行う時代が来るというのです。

 

なんとなくそんな未来が来ることは想像できましたが、
本当に現実になるとは思ってもみませんでした!

 

⇒ 人間より正確!ロボットが手術を行う時代【動画】

 

 

 

最初は簡単な手術からだと思いますが、
正確性や高い技術力に関してはプログラムがしっかりしていれば十分そうですね。

 

これによって、
技術が不十分な医者が減り
医療のレベルが上がることは間違いありません。

 

一方で、
心配なポイントが2点ほど。

 

 

まず、
手術途中になにか突発的なアクシデントが発生した場合、
ロボットは本当に対応しきれるのだろうか?

それとも、
真逆の行ってはいけない方向に進んでしまうのか?

 

 

 

もう1点は、
超長期的な視点であるが
仮に全ての手術をロボットが担える時代が来ると
やがて医者という職業は半減することでしょう。

 

 

そして、
メスなどを使った本当の医療を知るひとがいなくなるでしょう。

ということ。

 

 

どちらも非常に重要な問題と考えています。

 

 

 

体内を駆け巡る病院ナノマシン

 

最後に
ナノマシンを紹介しましょう。

 

これについては、
既にご存じの方も多いかもしれませんが
0.1~100nm程の超小さい医療機械を指します。

 

そして、
このナノマシンを体内に入れることにより
体内の病気になり得そうな場所を事前に修復してくれる
神さまのような存在なわけです。

 

 

体内の臓器や骨など多くの器官を修復出来るということは
目標である500年生きるという計画も現実味を帯びてくるのかもしれない。

 

ナノマシンの仕組みを説明!ガンをも撃退する!【動画】

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ということで、
医療 未来 技術
について書かせていただきました!

 

 

 

未来予測   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る