地震予知 2015 5月22日 早川正士

あなたの未来に価値をプレゼントする妄想彼氏

地震予知で当たる新星現る!2015年より危険な日と地域

今回は、地震予知 2015 5月22日 早川正士 について書かせていただきます。

地震予知 2015 5月22日 早川正士

2016年になっても地震が多発している地震大国日本。

東京での首都直下型地震や東海大地震が起こるのは時間の問題なのか?
最近、地震予知の分野で急激に注目を集めている早川正士会長!

 

実際に、
2015年5月13日に発生した巨大地震をピッタリ当ててしまったのです!

そんな地震予知で東大の村井教授と並んで注目されそうな早川会長が、
次に危険地域だ!と警告を出している日本の3つの地域をシェアします。

 

【あわせて今すぐ読んでおくべき記事】

世界中が驚く2016年の地震予言~4回の危険タイミング~

未来人の南海トラフ地震予言がヤバい!

 

スポンサーリンク

 

 

地震予知の新星とは何者?

 

2011年3月11日の東日本大震災から4年以上経過した現在においても、
宮城県沖を中心に強い揺れを観測する地震が絶えない。

 

いつかアナタの地域にも大地震が来るのでは?
いつ来るの?2015年5月?5月22日?こんな地震予言や予知に躍起になっていると、
なんと5月13日に発生した宮城県沖を震源とするマグニチュード6.8(M6.8)の大地震が岩手県で発生し、
関係者をゾッとさせた。

 

幸い多くの死者を出した東日本大震災のような被害はなかったが、
改めて地震大国日本を体感したわけだ。

 

 

2015年現在の地震予知と言えば、
GPSを駆使した地震予知でテレビや雑誌などのメディアで取り上げられたことで、
一気に注目を浴びることになった東京大学の村井教授でしょう。

 

 

しかし、
2015年5月13日に、
岩手県で発生した大地震を見事に言い当てた電気通信大学名誉教授の早川会長が
非常に注目を浴びている。

 

早川会長正確なお名前は早川正士さん。

電気通信大学名誉教授を勤める彼が、地震予知で2015年5月13日のM6.8を見事に言い当ててしまったのだ。

 

 

もともと、
早川さんは電気通信大学の名誉教授であるだけでなく、
日本地震予知学会の会長も務めているお方。

 

そして、
2015年5月5日に開催された地震予測情報サービス『地震解析ラボ』にて、
5月8日~5月19日の間に岩手県から福島県の間で内陸M5.0前後&海底でM5.5前後の地震が発生すると発言。

 

なんと、
時期と震源地がピッタリと一致してしまったのだ。

 

これには、
東京大学の村井教授も真っ青!

 

※ おすすめ動画 ※

 

世界中が驚く2016年の地震予言~4回の危険タイミング~

 

世界中が驚く2016年の地震予言~4回の危険タイミング~

 

⇒ 世界中が驚く2016年の地震予言~4回の危険タイミング~

 

 

 

僕は素人ですけど、非常に分かりやすい説明でした。

 

 

※ 的中しまくり!!早川会長が6月に予測する危険地域はココ! ※

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

日本地震予知学会早川会長の凄さ!

 

地震予知学会の会長でいらっしゃった早川さんですが、
今回の5月13日の地震が初めて地震予知で当たったわけではないんです!

 

 

他にも、
2014年9月11日の茨城県南部を震源とするM5.6の地震の時も、
9月15日~9月19日の間に関東内陸部でM5.5程度の地震が発生すると予測を発表していたのだ。

 

 

この工学博士である早川氏の地震予知理論は、
『地震が起きる直前に上空60キロメートル~800キロメートルに存在する電離層の異変に対して注目』

 

この電離層の異変を、
世界中の観測所で電波の送受信を行いそのデータを活用して地震予知を行ってきた。

 

短期的な予測ということで、
地震発生の約1週間前に何らかの異変を感知することが出来るというもの。

 

 

 

次に大地震が来る3地域に注意

 

そんな地震予知の分野で最近注目されている早川さん。

 

早川さん自身は、
メディアから注目される前から地道に活動されてきたのですが、
たまたまここにきて注目されているだけで昔からたゆまぬ鍛錬を続けてきたのですね。

 

 

さてさて、
そんな早川正士さんが、
次なる危険地域として警報を鳴らしている地域が3つあります。

 

 

 

1.沖縄から奄美大島にかけての大小様々な島

 

5月17日~5月22日の間に海底でマグニチュード5.5前後の地震が懸念されている。

2.北海道の南部

 

5月17日~5月20日の間で内陸か海底でマグニチュード5.0 最大震度4程度

 

 

 

 

 

3.山形県~長野県北部

 

 

山形県から長野県北部においても5月17日~5月21日までの間でM5.5前後の地震が起こる恐れがあるとのこと。

最大震度は5弱。

 

 

ということで、
非常に理路整然としていて素人の僕にも聞きとりやすい音声をシェアします。

 

地震予知の勉強におすすめ

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ということで、
地震予知 2015 5月22日 早川正士
について書かせていただきました!

 

 

 

※ 今読まないと損する記事 ※

 

大地震に備えよう!【防災グッズ】の食材はコレさえあれば完璧!

 

世界中が驚く2016年の地震予言~4回の危険タイミング~

 

【日本に関係する予言】でリアルに起こりそうなもの5選

 

未来に必ず無くなる!?37の仕事【アナタの会社は生き残れるか?】

 

 

 

 

 

 

未来予測   コメント:2

この記事に関連する記事一覧

コメントは2件です

  1. Samurai より:

    地震解析ラボ所長の早川正士氏は、5月30日に起きた大地震の規模や深さまで予測した!?

    2015/06/19(金)放送の「ダウンタウンなう」で、早川正士氏が発表した予知と結果をまとめました。

    是非ご覧ください。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る