地震予知 2016年 当たる 6月

あなたの未来に価値をプレゼントする妄想彼氏

地震予知が当たるのは2016年6月?【怖すぎるシナリオ】

今回は、地震予知 2016年 当たる 6月 について書かせていただきます。

 

地震予知 2016年 当たる 6月

 

 

 

2015年も関東大震災をはじめ、
多くの地震予知が行われているが100%確実に当たる予知予言はない。

 

地震予知がそんな簡単ではないことは誰もが分かっているが、
2016年の大地震予知も気になって仕方がない!

 

東日本大震災発生後、
首都直下型大地震や東海大地震はいつか必ず起こると言われている。

 

この記事では、
2016年に起こると予言されている地震予知を中心に、
日本の危機的状況の未来予測を紹介したいと思います。

未来人の予言も結構ヤバい!

 

スポンサーリンク

 

2016年の地震予知は何月が多い?

 

それこそ僕たちが小さい20年前ころから、
関東大震災や東海大地震の発生を予知する情報は広がっていた。

 

それがまだ、
幸いなことに発生していないわけだが、
「地震予知は当たらないだろう!」とバカにしていてはいけない。

 

現に、
2011年3月に東日本大震災は発生し、
東京電力の福島第一原発を中心に壊滅的な被害を受けた。

本当に東日本は永遠に立ち入ることが出来ない場所になっていた可能性すらある。

 

だから、
予言や予知はそれとして
しっかりと情報を把握しておいた方がよいのである。

 

2015年には、
9月や10月当たりの関東大震災を予知/予言する人が多かったが、

2016年に関しては、、、

 

 

【東海大地震の発生】を予知する人が多い。

 

東海大地震と言えば、
南海トラフ地震も関係してくるだろう。

 

ポイントは、
2016年に何月頃に
東海大地震の発生が予知されているのか?と言うと、、、

 

多くの人は、、、

2016年6月】を上げている。

 

⇒ ちなみにココでは意外な真実が言われています!

 

東海大地震と言えば、
中心に愛知県名古屋をイメージする。

 

愛知県や名古屋と言えば、、、
誰もがイメージするのは『味噌カツ』や『きしめん』よりも何よりも、

【トヨタ自動車】である。

 

もはや世界のトヨタであるが、
仮に東海大地震によって世界のトヨタが壊滅的な被害を受けた場合、
これは日本経済においても相当大きな被害ということになる。

 

知らない人は知らないかもしれないが、
愛知県にはトヨタ自動車だけが存在しているわけではない。

 

トヨタ自動車が車を作る為に、
必要な部品は無数にありそれらを周辺の中小企業が作っていたりする。

 

つまり、
トヨタが被害を受ければ、
トヨタ自動車だけの被害に留まらず
愛知県の経済が倒れてしまうかもしれないのだ。

 

2016年の6月は、
是非とも東海大地震に気をつけてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

地震予知以外に2016年に起こる危機とは?

 

地震大国日本だけあって、
自然災害と言えば一番大きなものは『地震』だ。

 

これは間違いないわけですが、
地震の二次災害として他にも様々なリスクが存在している。

 

それは、、、

【富士山の噴火】【原発による放射能リスク】だ。

 

 

富士山の噴火に関しても、
長い年月で考えれば噴火しないはずがないわけで、
そのタイミングがいつか?ということである。

 

また、
大地震による地殻変動で
富士山噴火が発生する可能性も多いにある。

 

仮に、
関東大震災や東海大地震の影響で、
富士山が噴火した場合、被害は山梨県や長野県だけでは留まらないだろう。

 

東京にも火山灰が降り注ぐと言われている。

 

 

先の東日本大震災で甚大な被害を受けた
福島県にある東京電力の第一原発にも何らかの影響がでるだろう。

 

また、
火力発電所なども停止していしまうだろう。

 

もう少しミクロ的なポイントをいけば、
東京や神奈川へ火山灰が降り注ぐことで
観光産業への打撃をも与えかねない。

 

 

原発に関しては、
ほとんどテレビで報道されなくなったが、
今でも危機的状況は続いている。

 

命を削って作業をしている東京電力の社員はたくさんいる。

 

 

そんな中、
東北地方での地震エネルギーの蓄積が
東日本だ震災発生直前と同程度のエネルギーレベルになっていると言っているのだ。

 

要は、
今大きな地震が発生すれば、
東京電力は今度こそ取り返しのつかない被害を受けることになる。

 

これは、
つまり日本の東日本を壊滅させ、
東京都からの首都遷移を現実のものにしてしまうかもしれない。

 

何せ、人が住める場所ではなくなってしまうのだから。

 

信じるか信じないか?は個人の自由だが、
未来を予知出来る人が首都の岡山への移動を予知しているというのだ。

 

非現実のようで、
現実になりそうでもあるから怖い。

 

地震から命を守る方法はコレだ!

 

 

歴史は物語るのか?

 

2016年。

壮大な歴史の予言が実現するかもしれない。

 

学校で歴史を勉強したことがある人であれば、
誰もが名前を聞いたことがあるであろう『聖徳太子』

 

この人は、
一説によると未来を予知する能力を持っており、
その聖徳太子の予知は五重塔に表されているというのだ。

 

 

そして、
2016年において

『戦争や争いが盛んになり白法が沈む』と予言していたようだ。

戦争とは正に言葉通り戦争で、
白法とは物質主義を指しているらしい。

 

戦争に関しては、
2015年に安保理法案の成立を受け、
ある意味戦争が出来る状態が整ってしまった。

 

また、
中国経済やギリシャショック、
アメリカの利上げなどの経済的問題も噴出し、

2016年は本当にいよいよ資本主義社会の崩壊を意味するかもしれない。

資本主義社会の崩壊=物質至上主義の崩壊と言える。

 

お金という幻想が、
無価値になる世の中が2016年に起こるのだろうか?

 

第三次世界大戦が、
2016年に開戦してしまうのだろうか?

 

 

肝心の地震に関しては、
各予言者が2016年の6月・9月、
2017年の1月・8月に予言しているので
注意していきましょう。

 

また、
関東大震災は2015年で
東海地震は2016年、南海トラフ地震は2023年とも言われていた。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ということで、
地震予知 2016年 当たる 6月
について書かせていただきました!

 

 

NEXT>>【地震前異常行動まとめ】アナタの近くの動物も異常行動を起こしていませんか?世界中が驚く2016年の地震予言~4回の危険タイミング~

女子絶賛の京都お土産【 かわいいお菓子ランキングBest8!】

ダイエットを簡単に成功させる【お手軽食事方法&心理作戦】

 

 

 

未来予測   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る