沖縄 観光 おすすめ コース

あなたの未来に価値をプレゼントする妄想彼氏

沖縄移住者が教える観光雑誌に載らない裏おすすめ旅行コース

今回は、沖縄の観光でおすすめのコース について書かせていただきます。

 

沖縄 観光 おすすめ コース

 

 

 

今回は横浜生まれ大阪育ち、社会人生活は名古屋で過ごし
なぜか今は沖縄に住んでいるうちなんちゅー妄想彼氏が、

 

沖縄の観光で観光雑誌が決して特集しないおすすめコースをシェアします!
思わず写真を撮ってフェイスブックやTwitterでシェアしたくなること間違いなしの
沖縄観光コースになってますのでご期待ください!

 

色々なパターンがあるわけで
本当はすべて紹介したいのですが
この記事では二泊三日を前提としたプランでいきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

1日目(空港 ⇒ レンタカー ⇒ 大盛り ⇒ リゾート)

 

それでは二泊三日沖縄の旅始まり始まりー!

 

まずは、
無事に那覇空港に到着しましょう!

 

アナタだけじゃないですよ?
彼氏に彼女、奥様に旦那様、子供!!!

 

そして忘れてはいけないのが荷物!
海外では普通に起こるロストバゲージ!大丈夫ですか?

 

無事に到着し、
荷物も受け取ったらーーー、、、

 

『めんそーれー!ようこそ沖縄へ!』

 

まずは1日目ということで
沖縄旅行で観光に行くのであれば必須なのが
レンタカー!

 

まぁ
なくても行けるところはあるのですが
北部が非常に厳しいですねー!

 

まぁ
裏技があったりするのですが
それはまた別の機会に紹介します!

 

おすすめのレンタカーは
↓ コチラ ↓ のスカイレンタカーですね。


単純に安いです。

 

 

そしてー、
到着する時間にもよるのですが
早速沖縄らしい何か食べ物で腹ごしらえしましょう!

 

空港からそれほど遠くないところで
沖縄らしさを感じられる一品、、、

 

『沖縄そば』

 

驚くことなかれ!
ビビるくらい大盛りですから!

 

一度も行ったことがない人は
舐めてかかってはいけませんよ?

 

普通の大人でも一人で食べきれないレベルです!

これはSNSで拡散させましょう!

無事に沖縄に降り立った証拠として!

 

波布食堂@モノレール旭橋駅近く

沖縄 観光 おすすめ コース1

詳しくはコチラ

 

 

もう半端ないレベルの山盛りですよ!

すべてのメニューが破壊力抜群の量なのですが
写真の『肉そば』は750円で恐ろしいボリュームです。

 

港の近くにそびえ立つ波布食堂は
漁港関係者の胃袋を満たそうとボリューム満点メニューが多数揃えられているわけです。

 

汁はお盆にこぼれ
たっぷりのお肉と野菜で麺がまったく見えません。。。

 

腹ごしらえはこの肉そばで決まりです!

 

 

沖縄らしい食事もできたところで
旅行の目的に一つである癒しを求めて
早速リゾートに向けて出発しましょうー!

 

1日目は飛行機移動で疲れていますし
ゆっくりとリゾート気分を堪能するのもいいですよー!

 

 

カフーリゾートフチャク・コンドホテル

沖縄 観光 おすすめ コース2

詳しくはコチラ

 

このカフーリゾートフチャク・コンドホテルは
沖縄屈指のリゾートエリアに位置していまして
全室シービューでお出迎え!

 

リゾートホテルとしてのホスピタリティと
プライベートが保たれた暮らしているような体験ができるコンドミニアムが
いい感じに融合したプライベート空間が広がっています。

 

屋外プールを楽しむもよし
沖縄らしいスパでくつろぐもよし
これぞ時間を忘れられる寛ぎのリゾート空間です!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

2日目(工場見学 ⇒ 水族館 ⇒ 絶景!)

 

さてさて沖縄観光2日目も
沖縄らしい!沖縄でしか体験できないことを中心にお届けしますよー!

 

まずは、、、

 

オリオンビール工場見学

沖縄 観光 おすすめ コース3

詳しくはコチラ

 

沖縄のビールと言えば、
誰もがオリオンビールを思い浮かべると思いますが
実はこのオリオンビール、工場見学やってるの知っていました?

 

予約すれば誰でも無料で見学できます!
美ら海水族館にいくついでに見学にいきましょう!

 

基本的には沖縄県内で消費されるオリオンビールですが
本土の方にも売られていたりしますよねー!

 

そんなオリオンビール工場の見学にいったー!なんて言ったら
友達もうらやましがること間違いなし!

 

工場見学の最後に
オリオンビールの試飲とおつまみがもらえるのですが
ドライバーの人はノンアルコールのオリオンビールがありますし
子供はオリオンビール製造のジュースなどもありますのでご安心を!

 

飲みやすいオリオンビールでいい気分になりながら観光しましょう!
オリオンビールオリジナルグッズも売られていますよー!

 

 

 

沖縄美ら海水族館

沖縄 観光 おすすめ コース4

詳しくはコチラ

 

 

沖縄のド定番観光名所である『美ら海水族館』!

 

 

行ったことがある人はスルーして良いと思うのですが
沖縄に初めてきた人やカップル、家族連れにはおすすめですね!

 

日本屈指の水族館だけに子供たちは喜ぶこと間違いなしです!
またカップルの場合はキャッキャ言うて距離が縮まるかも!w

 

 

万座毛

沖縄 観光 おすすめ コース5

詳しくはコチラ

 

 

万座毛も有名な観光名所の一つですね。
高所恐怖症の人は要注意な崖から見下ろす絶景は
写真におさめてフェイスブックに投稿しちゃいましょう!

 

 

 

 

ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート

沖縄 観光 おすすめ コース6

詳しくはコチラ

 

沖縄観光のホテル選びは
何を目的としているか?によって変わってくるのですが
沖縄でしか出来ないことを体験しよう!という意味では
絶対的にリゾートホテルをおすすめしますね!

 

ビジネスホテルなんて東京にもいっぱいありますし
美味しいビュッフェのお店もたくさんありますが
ここまで綺麗なリゾートビーチは東京にはありません。。。

 

癒しを求めるなら断然リゾートです!

 

 

 

 

3日目(工場見学 ⇒ 夢の蛇口 ⇒ 食 ⇒ お土産!)

 

さぁ、
二泊三日の旅も最終日になってしまいました、
まだまだ沖縄でしか出来ないことを体験しましょう!

 

 

スッパイマン(上間菓子店)工場見学

沖縄 観光 おすすめ コース7

詳しくはコチラ

 

本土でも売られている人気お菓子のスッパイマン!
実は沖縄で作られていること知ってました?

 

僕はそれすら知りませんでした。
そしてこのスッパイマンを製造している製造工場ですが
上間菓子店と言いまして工場見学をすることが出来るのです。

 

立派なお土産がもらえますし
ココでしか買えない限定のお菓子もありますので
おすすめの観光コースです!

 

 

 

シークワーサージュース飲み放題!

沖縄 観光 おすすめ コース8

詳しくはコチラ

 

それはそれは昔のこと
『蛇口をひねったら水じゃなくてジュースが出てきたら最高だなぁー』
なんて考えたことはありませんでしたか?

 

そんな、
子供の夢を本当に実現しちゃったお店が沖縄にはあるのです!

 

なんと
蛇口をひねると『シークワーサージュースが!!!』
しかも飲み放題!

 

他にも沖縄オリジナルのお土産が
試食とともに沢山ありますので行ってみてください!

 

ここでランチを食べるのもおすすめです!

 

 

 

沖縄そば 与那原家

沖縄 観光 おすすめ コース9

詳しくはコチラ

 

沖縄で沖縄そば!と言えば山原そばやきしもと食堂
なかむらそば宮里そばなど有名どころがたくさんありますが
申し訳ないです!!!

 

これらのお店って
確かに美味しいですけど
所詮観光雑誌のPRによって行列が出来ているだけで
めちゃめちゃ美味しいか?と言われれば微妙なわけですよ。

 

ただ、
今回おすすめする『与那原家』は
今まで食べたことのないような沖縄そばが体験できるはず!

 

特に『こってりの沖縄そば』はもはやトンコツラーメンです!

クーポンもありますのでお得にどうぞ。

 

 

 

お土産(紅いも生タルト)@国際通り

沖縄 お土産 ランキング お菓子 2015

詳しくはコチラ

 

沖縄お土産の定番はちんすこうや紅いもタルトですが
今回紹介するのは『紅いも生タルト!!!』

 

初めて食べた時の衝撃と言ったらヤバいです!
濃厚な紅いも層とアイスのように滑らかなカスタード層が相まって
至福のひと品になっているのです。

 

そして
意外とこの生タルトの存在を知らない人が多い!
特に本土の人!

 

ということで
生ものなのであまり日持ちがしない点がデメリットですが
喜ばれること間違いなしなので是非お土産にどうぞ。

 

国際通りのお菓子御殿でも
那覇空港でも買うことが出来ます!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ということで、
沖縄 観光 おすすめ コース
について書かせていただきました!

 

 

NEXT>>> 沖縄のお土産は紅いも生タルトだけじゃない!

 

 

 

旅(トリップ)情報   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る