予言,プレゼント,沖縄,旅行,お得情報

あなたの未来に価値をプレゼントする妄想彼氏

香港国際空港ラウンジの場所をプライオリティパスで満喫する方法

今回は、香港 プライオリティパス ラウンジ 場所 について書かせていただきます。

 

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所3

 

 

 

アジアが誇るハブ空港の1つ香港国際空港には
旅人の必須アイテム『プライオリティーパス』を使って
利用することが出来るラウンジが複数あります。

 

プライオリティーパスが使えるラウンジの場所はどこなの?
Plaza Premium Loungeの違いは?ラウンジを満喫する方法は?
についてシェアしていきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ということで、
今回は、この3本立てで行くぜ!

 

    • 香港でプライオリティーパスが使えるラウンジの場所
    • Gate1とGate40近くのPlazaPremiumLoungeの違い
    • 個人的におすすめの満喫方法

 

 

 

香港でプライオリティーパスが使えるラウンジの場所

 

香港国際空港で
プライオリティーパスを利用して使えるラウンジは、
合計3箇所あります。

 

3箇所は全て出発ロビーにあります。
そうです。香港国際空港に到着した時には利用できません。
出国の審査を受けた後の出発ロビーでしか利用できないのです。

 

 

プライオリティーパスが使えるラウンジは、
出発ロビー(L6=6階)のゲート1付近、ゲート40付近、ゲート60付近の3ヶ所です。

 

 

いづれも、
『Plaza Premium Lounge』です。

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所2

 

 

 

Gate1は、
入国審査をくぐった後、
地下のモノレール?で移動し
最初のストップ場所で降りエスカレーターを上がるとすぐにあります。

 

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所20

 

Gate40、60付近のラウンジは
出発ロビーを奥に奥に進んだY字の丁度分かれ目部分にあります。

 

上記がイメージ図です。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

Gate1とGate40近くのPlazaPremiumLoungeの違い

 

Gate1付近にあるラウンジも
Gate40、60付近のラウンジも『Plaza Premium Lounge』なので
基本的スペックは一緒です。

 

しかし、
多少の違いがあるので紹介します。

 

 

まず、
ゲート1付近のラウンジですが
かなり広大なスペースになっています。

 

そして、
全体的に暗い照明に設定されているのが特徴です。
テーブル席、ソファー席など準備されていますが、
全体的に賑やか(落ち着けない)な雰囲気です。

 

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所11

 

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所11

 

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所11

 

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所11

 

 

 

香港国際空港の目玉になっている汁麺もここで味わえます。

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所11

 

 

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所11

 

 

シャワールームも完備しています。
ラウンジ シャワールームの場所/利用法についてはコチラから

 

 

奥の方には、
JAL会員専用のラウンジも用意されています。

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所5

 

こちらは、
あまり利用客がいないので
JAL会員の方はゆっくり利用出来ると思います。

 

 

 

一方、
ゲート40付近のPlaza Premium Loungeは、、、

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所13

 

ゲート1付近のラウンジとは打って変わって
明るい照明になっています。

 

ラウンジのスペースはゲート1付近ほど広くはないですが、
騒がしさは低いため、こちらの方が寛げそうなイメージです。

 

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所21

 

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所22

 

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所23

 

 

 

お菓子類は、
どちらも『ポテトチップス・ナッツ・クッキー』は準備されています。

 

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所1

 

ゲート40付近のラウンジには、
クッキー類に加えて『マシュマロとグミ』が追加されています。

 

料理全般に言える事ですが、
全体的にゲート40付近のラウンジの方が美味しそうです。
(※ここは個人的意見です メニューに大差はありません)

 

 

 

 

ということで、
Gate1付近とGate40付近のラウンジ『Plaza Premium   Lounge』について
特徴をシェアしてきました。

 

 

どちらのラウンジにも共通する項目としては、、、

 

  • 24時間営業
  • 2歳以下の子供は同伴無料
  • フリーWifiあり
  • シャワーあり

 

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所9

 

 

 

 

基本的にこの2つのラウンジは
出国審査を終えた後の搭乗ゲート付近にあるので
チェックイン完了後でしか利用ができません。

 

 

つまり、
丸一日ラウンジで時間を使うということは、
基本的にフライトが遅れるなどがないと出来ません。

 

よって、
2~3時間程度だと思いますが、
個人的な満喫方法について次で触れたいと思います。

 

 

 

 

 

個人的におすすめの満喫方法

 

最終的に
飛行機の搭乗ゲートがどこになるのか?で微妙に変わってきますが、
個人的には【ゲート1 ⇒ ゲート40】のルートをおすすめします。
※ラウンジの梯子(ハシゴ)は出来ます。

 

 

まずは、
ゲート1に行きましょう。

 

受付で、
プライオリティーパスとフライトの搭乗券を見せればOKです!

そこからは自由です。
どこに座ってもいいですし、
一部アルコールを除いては食べ放題!飲み放題です!

 

おすすめは、
『ハッシュドポテトと汁麺』

汁麺には色々とトッピングが出来るのですが、
『ネギ・セロリ・ガーリック・ラー油』 のセットをおすすめします。

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所11

 

ここではビールを我慢して豆乳を飲みます。

 

 

汁麺を食べ終わった後は、
スナック!w

ポテトチップスとナッツ類をつまみながら
雑誌でも読みましょう。

 

 

リフレッシュのために
シャワーを利用します!

 

フライトが長時間になる便の人であれば
尚更ここでシャワーを浴びるメリットがありそう。

 

別記事で書きますが、
シャンプー&リンスも完備しているので
下着以外は持っていく必要がありません。

 

 

シャワーを出たら、
「待ってました―!」とばかりにビール(黒ビールがおすすめ)をぐびっと行っちゃいましょう!

 

 

これにて、
ゲート1付近ラウンジの満喫は終了です。

 

僕の場合は、
フライトの搭乗ゲートが40番~50番になることが多いので
このあとGate40付近のラウンジに向かいます。

 

 

下の鉄道で移動することも出来ますが、
僕のおすすめは自力で歩いて向かう事。

 

たくさん食べた食後の運動。
空港内の景色を見ると単純に面白いので。

 

歩いて10分はかからないと思います。

 

 

 

Gate40付近のラウンジでは、
ちょっとした肉料理もあります。

 

お肉をつまみつつ、
ここでも豆乳とスナック系をつまみます。

コチラのラウンジでは、
子供が好きそうなカラフルなマシュマロとグミが用意されているので、
2歳以下の子供がいる場合はこちらも良いかも(ただし雰囲気は落ち着いています)

 

後は、
充電コーナーも隔離され充実しているので、
パソコンやスマホの充電は忘れずに。
※プラグの形が違うので変換プラグは忘れずに!

 

香港 プライオリティパス ラウンジ 場所22

 

 

そんなこんなで、
フライトの時間になると思いますので
搭乗ゲートに向かって終了です。

 

 

 

まとめると、、、

  • ラウンジでの仮眠をご希望の方はゲート1付近のラウンジ
  • 子供が騒いでも大丈夫そうなのはゲート1付近のラウンジ
  • パソコンで仕事をしたいのであればゲート40付近のラウンジ
  • お菓子のバリエーションならゲート40付近のラウンジ

 

といった感じです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ということで、
香港 プライオリティパス ラウンジ 場所
について書かせていただきました!

 

誰かの参考になれば幸いです。

 

 

▼▼▼▼ CHECK! ▼▼▼▼

香港国際空港にある全てのコンビニの場所と日本との違い

香港国際空港free【フリー】wifi設定で迷った|困ったらココを見よ!

香港の空港ラウンジで宿泊/仮眠?空港内の【野宿ベストスポット】

香港プライオリティパスで使えるラウンジのシャワーはなかなか快適!

世界中が驚く2016年の地震予言~4回の危険タイミング~

▲▲▲▲ CHECK! ▲▲▲▲

 

 

 

 

旅(トリップ)情報   コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

TOPへ戻る